« ぼやき | トップページ | コモエスタ! »

2006年12月31日 (日)

紅白

 大晦日は必ず紅白を全部観ないと気がすまない僕なので(笑)、今年もしっかり19時20分からテレビの前にロックオン状態で4時間強頑張りましたよ。毎年、特に演歌勢の気合の入りっぷりは、観ていて気持がイイものがあります。1年の集大成にして、いちばんの晴れ舞台…そんな気迫が伝わってくるんですよねぇ。今年は『雪 深深』を歌った藤あや子に一票投じたいですね。素晴らしかった!
 基本的に、紅白にはその年に活躍した方に出てほしいと思ってますが、正直、今井美樹の『プライド』にはタカまりました! これはしょうがない。しかもギターが布袋寅泰ですからねぇ。当時、あんまり歌番組に出てなかったと思うんですよ、今井美樹って。そういう意味もあって、かなり貴重なモノを観れた思いがします。徳永英明の『壊れかけのradio』は、当時けっこう歌番組でも観てたからなぁ。ドリカムは文句なく良かったし、全体的に紅組有利でしたね、僕の見方だと。
 白だと、森進一の『おふくろさん』は、やっぱり迫力あるよなァ。『襟裳岬』もそうだけど、この2曲の名曲っぷりはやはりスゴイ。細川たかしも好きです。今年の『浪花節だよ人生は』みたいに力が抜けた明るい歌も好きですが(抜きすぎて歌詞とばしてましたが・笑)、『望郷じょんがら』とかで壮大にシメてくれたほうが、味わい深い気もします。石川さゆりは今年は(テーマ性も含めてか)『夫婦善哉』でしたが、やっぱり『天城越え』か『津軽海峡冬景色』聴きたい気もするし。でも五木ひろしみたいに、過去のヒット曲はあまり歌わない…そういう姿勢も好きだしなぁ。まぁ、選曲はかなり難しいところですよね、特に演歌の場合は。
 今年は目玉がないと言われてた紅白でしたが、ひとつのテーマがあって、それに向かって出演者がひとつになっていく…そういう番組構成は、しっかりできていたと思います。最後の『蛍の光』は、お亡くなりになられた宮川泰先生に代わって、平尾昌晃先生が指揮。2006年も終わり。
 来年もよろしく★

|

« ぼやき | トップページ | コモエスタ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/13292684

この記事へのトラックバック一覧です: 紅白:

« ぼやき | トップページ | コモエスタ! »