« 牛角食堂 | トップページ | 在宅 »

2008年2月16日 (土)

アバンギャルドライブイベント

 朝まで仕事して、帰ってきて7時に寝る。目が覚めたら、11時48分。12時からアキバで行なわれる『アバンギャルドライブイベント』に行きたかったのでどうしようかと焦るも、とりあえず飛び起きて急いで用意して両国橋の手前でタクシーつかまえて向かったら、12時03分には石丸ソフト2の7Fに着けた(笑)。石丸のエレベーターのタイミングが良かったにしろ、奇跡に近い。イベントはまだ始まってなかった。
 さて、今回の出演者は、浜田翔子、海川ひとみ、北村ひとみ、折原みかの4人。北村さん以外は取材でお会いしたことがあり、実際に歌ってるところを観るのは、ハマショー以外初めて。そんな状況。
 12時10分頃、イベント開始。一発目はハマショー。ハマショーの方向性というのはすごくわかりやすい。いわゆる“正統派アイドル”。自身が過去にそういうラインのアイドル好きだったことも関係してるのか、ストレートな表現方法。ファンの人も、そういうラインが好きな人が多いんだと思う。あとは毎回思うんだけど、練習時間がもうちょっとあればねぇ~と。忙しい人なので、しょうがないとはわかってるんですが、なんか惜しい気もします。
 二発目。海川ちゃん。いきなりお客さんを立たせます! 海川ちゃんの歌は初めて聴いたんですが、予想どーり、声がすごくとおります。髪型もグラビアだと結んでないことが多い気がするんですが、今日はアップにしてバサボサッとおろすような…。すいません、髪型の表現が上手くできないんですが(ポッシボーのもろりんがよくやるような感じ・笑)、とにかく似合ってました、曲のイメージとも合ってたし。で、彼女のパフォーマンスなんですが、いわゆる“声優アイドル”に近いと思います。元気さ、お客さんのあおり方、そして自他共に認めるアニメ声も含めて。声優のお仕事方面に進めたら、すごいことになりそうな、そんな雰囲気を感じました。両国国技館あたりで歌ってる姿が目に浮かびました、マジで。
 三発目。北村ひとみちゃん。ここがいちばんいい意味で予想を裏切られました。胸の間が大きく開いたセクシーな衣装なんですがね。そんなのいらないくらい、歌が上手いんですよ。’70年代のアイドル的な感じというか。歌謡曲をしっかり歌える若手歌手的なイメージ。丁寧に歌っている姿がすごく印象に残ってます。『ロマンスの神様』を歌ったんですが、転調の難しいところも何とか歌いこなせていて、驚きました。もう1曲は『キャッツアイ』でしたが、これも歌謡曲的解釈になっていておもしろかった。もっといろんな曲調の作品を歌うところも観てみたいです。彼女、ピアノやフルートを習っていたようなので、音感が良いのかもしれませんね。
 トリは、折原みかちゃん。これもまたすごく良かった。なんつーか、余裕があるんですよね、歌にも振付にも。アイドル歌手として、かなり完成されてるというか。例えば、さっぽろ雪まつりのステージに、新人アイドルが3組くらい出た後に登場する、中堅アイドルみたいな(笑)。やっぱシングル8枚出してるだけあるなぁ~みたいな(笑)。良い意味で玄人なんですよね、すごく。昔何かやってました? と、問いたくなるような。本業=グラビアアイドルとは思えないパフォーマンスでした。
 まとめ。すごく良いライブでした。また観たいと思わせるに十分なレベルにあります。正直ここまでとは思ってませんでした。ナメてましたm(__)m だからこそ、グラビアやバラエティの活動と並行して、もっと歌の活動もしてくれたらなぁ~と、そんなことも思いました。とにかく、今後とも期待してマス★
 そんな流れで、夜、おりりんが出てる『どハッスル!!』を初めて観た。格闘技はあんま詳しくないけど、おもしろかったです(笑)。

|

« 牛角食堂 | トップページ | 在宅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/40176947

この記事へのトラックバック一覧です: アバンギャルドライブイベント:

« 牛角食堂 | トップページ | 在宅 »