« 美女木ジャンクション | トップページ | 試写会 »

2008年4月25日 (金)

生テレビ

 銀行めぐりなどなど。ちょっと用があって、錦糸町からバスに片道50分くらい乗ったんですが、ちょいと気持ち悪くなりました(苦笑)。やっぱバスは苦手だなぁ~。帰りは錦糸町のハッスルラーメンホンマで、ラーメン。こってりにしたんですが、超こってりでも、OKだな、きっと。
 夜、ついつい『朝まで生テレビ!』を朝まで観てしまう(笑)。テーマは、正社員と非正社員の賃金格差の問題とか…。まぁ、僕自身は気ままなひとり社長なので(笑)、あまり関係ないっちゃないんですがね。やっぱり最近いわゆる契約社員の方のグチなんかはよく耳にするので(笑)、身近な話題ではありますね。ちなみに僕らの世代ってのは、俗に団塊ジュニア世代と言われているわけですが、まあ、悲惨な世代でもあります。親は、一生懸命勉強して企業に入れば、終身雇用制の中でどんどん(自然に)地位が上がっていき、賃金も上がっていく。つまり、当然子供には“勉強しろ”と自分の経験も踏まえて言っているワケです。子供は、それを信じて勉強して、無事大学を卒業! と思ったら、バブル崩壊のツケがまわってきて、銀行や証券会社が相次いで潰れてる…。就職氷河期。アララ…。世の中は、“腕に職をつけろ!”とか“ナンバーワンからオンリーワン”とか言い出してるし。キャリアウーマン目指して頑張ってきた女の子も、30歳過ぎて独身だと“負け犬”とか呼ばれるし(笑)。まさに時代の転換期だったんでしょうね。あと、フツーに高校までの授業でパソコンとかをギリギリ習ってない世代でもあるんですよ。大学入った時でも、まだでっかいフロッピーディスクを使ってた世代だし(笑)。なんか画像を動かすようなプログラムを作ったりする授業を大学で習った気がするけど、正直、ワードやエクセルの基礎を教えてくれたほうが、どんなに役に立ったか…。と思ったけど、93年当時はまだメジャーじゃなかったんですよね、たぶん??
 まぁ、そんなわけですが、別に恨んでるわけでもなんでもなく…。実際、社会に出て、同年代の人の数が多いってのは、けっこう良いことのほうが多いですよ、仕事やっていく上では。団塊ジュニア世代、万歳!!(笑)
 個人的には、“ゆとり教育 ど真ん中世代”に生まれちゃったりしたほうが、よっぽど後悔したと思います(笑)。

|

« 美女木ジャンクション | トップページ | 試写会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/41005585

この記事へのトラックバック一覧です: 生テレビ:

« 美女木ジャンクション | トップページ | 試写会 »