« 汐留→秋葉原 | トップページ | 調整 »

2008年8月 3日 (日)

『夏休みだよ、両国集合!2008』

 弊社主催イベント『夏休みだよ、両国集合!2008』にお越しくださった皆様、誠にありがとうございました。また、物販が時間の関係で慌しくなってしまったこと、お詫び申し上げます。次回は余裕を持った公演とさせていただきます…。と、まさに“次回”の話をしたくなるような、良い公演でした、出演者の皆様のパフォーマンスとしては。まずは、独自の路線をひたすら貫き通す、ホットこいさんず。ステージの空気が変わります。そして、VIBES with SAKI。ここのスクールさんのコたちには過去にも何度も来てもらっているのですが、今回のユニットが一番アイドルっぽかったですね。今までの経験を踏まえ、ウチのライブの客層に合いそうなユニットを、敢えて連れてきていただけたのでしょうか?(笑) 例えるなら、ジャパンカップに日本の芝に合う馬を連れてきた調教師のような熟練さを感じました(笑)。選曲・パフォーマンスともに、ツボを心得ていたと思います。また是非来てほしいですね。よろしくお願いいたします。でも、いちばん変わったなと思ったのは、Negiccoでした。すごくPerfumeっぽくなってきたんですよね。 や、MCとか曲とか振付とかそういう表面的な話ではなくて、ですよ。ステージに対する姿勢とか3人で物を創り上げていく過程の雰囲気が似てきた気がするんです。楽屋でもそれを感じました。楽屋でふと“もう5年もNegiccoやってるんだね”なんて話をしてたんですが、やっぱ5年という歳月の中でしか培われることのない境地ってのは、あるんだと思います。特に地方アイドルは、高校卒業時に選択を迫られるわけで、だいたいの子は卒業をきっかけに辞めちゃうんですよね、上京したりして。でも、Naoちゃんがまずそれを乗り越えて、Meguちゃんも続いた。これはデカイですよ。その道に賭ける意気込みが俄然変わってくる。自ずとKaedeちゃんにも好影響を与えているのでしょう。
 Perfumeが成功したいちばんの理由ってのは、やっぱ、その道で絶対頑張っていこうという精神力にあったと思うんですよ、僕は。そして漠然とだけど、Negiccoもその“精神力”の境地に近づいてる気がしたんです。
 僕が地方アイドルを見始めてから、結成当初のメンバーがまだ在籍していて、さらに地元に残って活動していて、ユニット名も変わってない…そんな条件を満たすユニットは、もはやNegiccoしかいないんですよね、おそらく。3人にはホント敬意を表したいと思います。そして、これからもよろしくお願いしますm(__)m

|

« 汐留→秋葉原 | トップページ | 調整 »

コメント

8月3日の両国フォーバレー、、
遠路関西方面からはせ参じましたが、
出演者4組の個性的なパフォーマンス、
非常に楽しませていただきました。
次回も都合つく限り参加したく存じます(笑)。

ところで、
広島のまなみのりさも、新潟のNegiccoも、
そして敢えて付け加えるならば、
西脇彩華擁する9nineも、
Perfumeを充分意識しながら、
中々成功への糸口がつかみきれないようで、
悩んでるようでもありますね。

というかこの3組、
一同に引き合わせてみたいと思うのは私だけかな?
是非社長、企画・立案よろしくお願いしま~す(笑)

投稿: 関西人 | 2008年8月15日 (金) 19時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/42162065

この記事へのトラックバック一覧です: 『夏休みだよ、両国集合!2008』:

« 汐留→秋葉原 | トップページ | 調整 »