« 相川結ちゃん | トップページ | アイドルユニットサマーフェスティバル2010 »

2010年8月26日 (木)

キラットエンタメコンテスト2010

 キラットエンタメコンテスト2010を観に行ってきました。万葉シャオニャンのメンバーでもある舞奈ちゃん、奈々ちゃん、杏菜ちゃんの応援も兼ねて、です! そもそもこういうコンテストを観るのは久しぶりだったので、いろいろ勉強になりました。
 そして、ゲストライブに東京女子流とDream5とJURIAN BEAT CRISIS。JURIAN BEAT CRISIS、いいなぁ。十代のソロのアーティストで、久々にパワー型の子を見たかも。作詞家繋がりもあるけど渡瀬マキさんとか、永井真理子さんの系統ですよね。「みなさんのお父さん、お母さんがよく知ってる曲を歌います。『今すぐKiss Me』!」という曲フリを聞いて、自分の年齢を実感しました(笑)。 彼女、よく『プレミアの巣窟』に出演されてますが、藤岡みなみと佐武宇綺と並ぶと、まるで三姉妹のようで微笑ましいです(←髪型が似てるんですよね)。そして毎回のことながら札幌出身者の層の厚さに驚くのでした…(笑)。

●コメントお返事

>純さん

 いつもありがとうございます。まずはパンフレットの件、お買い上げありがとうございます。主催者コメントは最後まで書くかどうか迷ったのですが、ページの都合もあって止めてしまいました…。反省してますm(_ _)m
 bump.yの『voice』って、イントロからAメロの感じが、やまだかつてないWINKの『さよならだけどさよならじゃない』に似てる気がします(笑)。で、サビは小桃音まいの『さくら、咲くころに。』に近いかな、と。もっとも、bump.yの『voice』の作曲者の藤末樹さんは、コスロボやまいにゃの曲のほとんどを作っているので、当然といえば、当然かもしれません(笑)。
 おもしろいのは、ギザギザアイドリング!!!の『NA・GA・RA』も藤末さんが作ってるんですよね。この曲が中森明菜の『飾りじゃないのよ涙は』の完全パロディであることを考えると、あえて元ネタをわかりやすいところ(J-POPなど)から引っ張ってきて、聴き手に当てさせる…もしくは既聴感を持たせる手法を得意とされているのかもしれませんね。エザキマサル氏もこの手法を得意としていると思います。
 長く生きてると、いろんなことがわかっておもしろいです(苦笑)。前述の『今すぐKiss Me』みたいな現象も起こりますが、ね(苦笑)。

|

« 相川結ちゃん | トップページ | アイドルユニットサマーフェスティバル2010 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/49301826

この記事へのトラックバック一覧です: キラットエンタメコンテスト2010:

« 相川結ちゃん | トップページ | アイドルユニットサマーフェスティバル2010 »