« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

アイドルユニットサマーフェスティバル2010

  『アイドルユニットサマーフェスティバル2010』を観てきました。いろいろ思うところはあるのですが、各ユニットのパフォーマンスの感想はすっとばして、最後に出演者全員がステージ上に集合して、『年下の男の子』を歌ったシーンについて。特に決まった振付はなく、各ユニットがフリーで跳んだり跳ねたりしながら歌ったわけですが、当然のごとく各ユニットがかたまって歌ってるわけですよ。(後列にいたSKE48のメンバーが上手隅に移動するなどの動きはありましたが) でも、やっぱりこういう演出をするなら、各ユニット入り混じって歌うくらいの一体感がほしいですよね、せっかくだから。とはいえ、リハの時に、このライブの演出家か監督の人が、「最後はみんな入り混じって歌おう!」とは指示できないと思うんですよ。それは多分にオトナの事情により…なんですが(笑)。各メンバーも、そういうことをやっていいのか悪いのか、特にやっていけないとは言われてなけど、どうなんだろ? くらいの状況だったと思うんですよ。(←僕の勝手な想像ですが)
 で、曲も中盤を過ぎるとやはり盛り上がってきて、メンバーも少しずつ並びが乱れてくるわけですよね。ももクロのいちばん上手側の百田夏菜子と、スマイレージのいちばん下手側の小川紗季、その間隔がどんどん狭まっていって、何かあるかな? 無いかな? とドキドキしてたら、最後の最後に夏菜子がスマイレージの中に突っ込んでいって、一緒に盛り上がってくれました。それを観た瞬間、このイベントが開催された意味はあったと思いましたね。
 せっかくのこういう機会なんだから、大人の事情はとりあえず置いておいて、その場を楽しめばいいと思うんですよ。賞レースやらベストテン番組が無い世の中なので、あまり『同期』って感覚はないかもしれないけど、みんな同期みたいもんですよ。そういう横の繋がりは十年単位で役に立つと思うし、観てるほうも嬉しいものです。ホント良かった。各グループの立場、そしてグループ内での役割を考慮すると、これをできるのは、ももクロのリーダー・百田夏菜子しかいなかったと思います。
 その他にも、今回の出演ユニット2組に所属していた経験を持つ唯一のアイドル・あの人はどういう気持ちでこのライブを観てたのか…。また、こういう対外試合をほとんどやってこなかった(やる必要がなかった)道重さゆみの思いは? など、いろいろ考えましたが、8月上旬に品川で行なわれたTIFとこのライブ両方に出演した唯一のアイドル・ももいろクローバーが得たものはどれくらいデカイのか? その経験値の大きさに身震いしたところで、この日記終わり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月26日 (木)

キラットエンタメコンテスト2010

 キラットエンタメコンテスト2010を観に行ってきました。万葉シャオニャンのメンバーでもある舞奈ちゃん、奈々ちゃん、杏菜ちゃんの応援も兼ねて、です! そもそもこういうコンテストを観るのは久しぶりだったので、いろいろ勉強になりました。
 そして、ゲストライブに東京女子流とDream5とJURIAN BEAT CRISIS。JURIAN BEAT CRISIS、いいなぁ。十代のソロのアーティストで、久々にパワー型の子を見たかも。作詞家繋がりもあるけど渡瀬マキさんとか、永井真理子さんの系統ですよね。「みなさんのお父さん、お母さんがよく知ってる曲を歌います。『今すぐKiss Me』!」という曲フリを聞いて、自分の年齢を実感しました(笑)。 彼女、よく『プレミアの巣窟』に出演されてますが、藤岡みなみと佐武宇綺と並ぶと、まるで三姉妹のようで微笑ましいです(←髪型が似てるんですよね)。そして毎回のことながら札幌出身者の層の厚さに驚くのでした…(笑)。

●コメントお返事

>純さん

 いつもありがとうございます。まずはパンフレットの件、お買い上げありがとうございます。主催者コメントは最後まで書くかどうか迷ったのですが、ページの都合もあって止めてしまいました…。反省してますm(_ _)m
 bump.yの『voice』って、イントロからAメロの感じが、やまだかつてないWINKの『さよならだけどさよならじゃない』に似てる気がします(笑)。で、サビは小桃音まいの『さくら、咲くころに。』に近いかな、と。もっとも、bump.yの『voice』の作曲者の藤末樹さんは、コスロボやまいにゃの曲のほとんどを作っているので、当然といえば、当然かもしれません(笑)。
 おもしろいのは、ギザギザアイドリング!!!の『NA・GA・RA』も藤末さんが作ってるんですよね。この曲が中森明菜の『飾りじゃないのよ涙は』の完全パロディであることを考えると、あえて元ネタをわかりやすいところ(J-POPなど)から引っ張ってきて、聴き手に当てさせる…もしくは既聴感を持たせる手法を得意とされているのかもしれませんね。エザキマサル氏もこの手法を得意としていると思います。
 長く生きてると、いろんなことがわかっておもしろいです(苦笑)。前述の『今すぐKiss Me』みたいな現象も起こりますが、ね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月25日 (水)

相川結ちゃん

20100813104052

 最寄の地下鉄の駅に、大きなポスターが! どこかで見たことなるなーと思ったら、先日UTB@モバイルで取材した相川結ちゃんでした。あしなが育英会の広告のお仕事ですね。動画もあるようです。とにかくおもしろいコだったので、トークを聞ける場があればいいのになぁ~と思ったり。神戸在住の高校1年生です★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月24日 (火)

voice

 ちょっと実家に帰っていて、今朝、東京に戻ってきました。札幌は朝方にかけて雨がすごかったんですよ。でも、僕が家を出る頃にはほぼ止んでいて、特に影響が無いと思いきや…電車が来ない(苦笑)。※始発列車です。 しかも、最寄り駅が無人駅なので状況がわからない。アナウンス設備はあるはずなのですが、無音。遅延なのか運休なのかわからないまま、とりあえず大きな通りまで出てタクシーをつかまえて、最寄の地下鉄の駅まで。そこからJR札幌駅へ無事着きました。事前に遅れる旨をAIR DOに電話で伝えたら、次の便に振り替えてくれたので助かりましたよ。※要JR遅延証明書 それに比べてJR北海道の対応の悪さ…。朝からイライラしました。遅れるのはしょうがないけど、状況説明がほしいですよね。僕みたいに飛行機との接続がある人もいるのだから。
 そんなわけで、なんとか東京着。暑い(笑)。
 で、話はコロッと変わるんですがね。夜、お店でごはんを食べてたら有線が流れてたんですよ。すっごくアイドルっぽい曲で、でも懐かしい音じゃないから、おそらく最近の曲なんだけど、聴いたことなくて…。特徴的な歌詞を聞き取って携帯で検索しても出てこない。AKBの公演曲とかかな? と思いながらモヤモヤしてたら、さっきCMで流れてました!

bump.yの『voice』!

今日がフラゲ日だったんですね。ユニゾンがすごく美しくて真っ直ぐで、耳に心地よいです。あまり想定してないでしょうが、いわゆる戦国時代の他のグループともしっかり差別化できてる気がします。生で歌うところを早くみたいので、今月末を楽しみにしてます(笑)。
 とゆーわけで、朝のイライラもすっかり忘れてしまいましたとさ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年8月11日 (水)

中村勝

 ひたすら原稿書き…。の、割にはあまり進んでないな(苦笑)。BS TwellVでロッテVS日ハム戦を観戦。先発は中村勝。いきなり紺田が足を引っ張った時はどうなるかと思ったけど(紺田の守備の信用度は1枚下がる)、そこをゼロで押さえたのが、昨日のロッテとの違いか。一方、ハムは今日もミスにつけこみ(紺田の2塁打)、勝ちパターンに。中田の三塁打も逆風じゃなかったら入ってたかも? 見事でした。中継ぎも加藤の誤算以外は予定どーり。現状、武田久には2点差以上つけてから繋いでほしいですね。心臓に悪い。BS TwellVの放送時間内にギリギリ収めた井口も見事(笑)。中村勝は1軍初登板&初先発で勝利。5回を1失点。そんなにストレートは速くないものの、コントロールとスライダーのキレ、あとは度胸がある印象(笑)。さらにイケメン(笑)。表3本の先発(ダル、武田勝、ケッペル)は安定してるものの、裏3本は木田以外特に決まってないので、一角に食い込んでほしいものです。
 明日は、その木田が先発。勝てば、3位浮上の大事な試合。また中継ぎフル動員になると思うけど、金曜はダルだろうから、あと1日の辛抱。ガンバレ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月10日 (火)

快勝

 今日も浜松町からバスでお台場へ(笑)。ペケポンステージでBuono!のライブを観てきました。Buono!は野外が似合うなぁ。平日にもかかわらずけっこうな数のお客さんもいましたよ。Buono!のライブはハロコンの中でしか観たことがないので、今回はゆっくりパフォーマンスを堪能できました。
 帰りはバスで門前仲町に出て帰ってみました。たまに違った経路もいいですね。家に着いてからは、BS TwellVで、ロッテVSハム戦を観ながら原稿書き。初回のラッキーでほぼ勝負が決まった感じ。ロッテにはまだまだ貸しがあるので、3タテくらいしたいところ。明日は1軍初登板初先発の中村ですがね(笑)。ハムって、けっこうこういうサプライズするイメージがあるな。(単に先発がいないだけですが・笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

告知など

 昼過ぎから初台で取材。今日も急行でピュッと行けて気持ちイイ。終わりで、馬喰横山に戻って、小諸そばでごはん。期間限定の揚げ茄子おろしそば(390円)が美味しい&コストパフォーマンスが良くて衝撃を受けた。この夏はかなり食べることになりそうだなぁ。
 その後、自転車でマックに移動して、原稿書き。やっぱ、家で作業するよりはかどる。結局、20時くらいまでいたので、秋葉原の博多風龍でとんこつラーメン。たまに食べたくなるよねー。
 話は変わって。今日はBOMB9月号の発売日。ホラー映画『怪談 新耳袋怪奇』がらみで真野ちゃんのインタビューをしてます。取材前に本編も観たんですが、怖かったです、ハイ。『ツキモノ』と『ノゾミ』、2つのストーリーで構成されているのですが、どちらも違った怖さがありますね。『ツキモノ』のほうが、いわゆるホラーと聞いて想起しやすい内容でしょうか。『ツキモノ』には、吉川友ちゃんと北原沙弥香ちゃんも出演してます! 本編の中に、真野ちゃんと沙弥香ちゃんが絡むシーンがあるのですが、ちょっとおもしろいやり取りになっていて、ホラーなのに思わず笑ってしまいました(笑)。おススメです。9/4公開です!! 観ないと後悔します! なんてダジャレはゆうかりんも言わなそうですが(笑)。
 あと、10日くらい前に『3B junior BOOK 2010 summer』が発売されてます。スターダストプロモーション芸能3部所属の中高生の女の子を中心に取り上げた本になってます。20人くらいインタビューさせてもらいましたが、特に気になった女の子として、星名美怜ちゃん、長尾寧音ちゃん、岡崎歩美ちゃん、星野悠月ちゃんの名前を挙げておきます。大好きなライターの田井さんとクレジットが並んだのも個人的に嬉しい1冊です★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 8日 (日)

もろもろ

 午前中に原稿を書き終わり(珍しくイイ原稿書いたと思う)、午後から取材のため、お台場へ。最近は浜松町駅からバスで行くのにハマってます。夏休みだから、ゆりかもめ混むんですよね…。取材を終えて、カメラマンさんの車に乗っけてもらって五反田へ。某編集長と3人で中華! 運転のあるカメラマンさんに、申し訳なさそーにビールを飲むふたり…(笑)。しっかし、中華料理を取り分けながら食べるってホント美味いよね! 幸せな気分になります★ で、店を出てもまだ17時(笑)。明るすぎる…。
 品川に移動して、TIFに顔を出す。物販スペースで2年ぶりくらいにココロコロンの2人に会う(笑)。お、大人だ…。しず風と絆もいて、握手会の最中でした。
 品川のカフェの前で路上ライブをしてたRed Pepper Girlsに引きつけられ、しばし見守る。あえてここでやる姿勢がカッコイイ。
 家に着いて、中田翔がマー君からホームランを打った情報を知り喜んでた矢先、モーニング娘。の亀井、ジュンジュン、リンリン卒業と、新メンバーオーディションの報を知る。ちょうど1か月前にあんなブログ書いてたくらいなので、残念ではあります。ちょっと頭を整理してまた書こうかな。とりあえず、続・美勇伝が今のかたちで見れなくなるのか…とか、年齢制限で、吉川友ちゃんはオーディションを受けられないのか…などいろいろな感情がよぎりました。ふぅ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 7日 (土)

ハロコン

 お久しぶりです(笑)。なんかこの業界には珍しく1週間連続午前中から仕事があったりと、健康的な毎日を送ってましたと言いたいところですが、逆にペースがつかめなくてもろもろの作業がはかどってなかったり(苦笑)。そんな7月末~8月頭でした。
 その間に我が日本ハムファイターズは中田翔がブレイク!! 今季は中田の成長のために1シーズン捨ててもイイとか思ってましたが、中田の力で優勝争いできそうな状況。明日、楽天のマー君から打ってほしいなぁ。
 話は変わって。今日は中野サンプラザにハロコンを観に行かせていただきました。個人的にはBerryz工房の『ありがとう! おともだち。』を聴けたのが嬉しかったなぁ。すごく好きなんです。アイドルの曲であのテーマ(男子との恋愛が絡ない女子どうしの友情)を扱ったものってあまりないですよね? この世界観はBerryz工房ならではな気がします(PVも良いですね)。
 あとは、真野ちゃんの新曲が好み(バックは竹内・佐保・吉川・佐藤でしたかね?)。モーニング娘。の『涙ッチ』を聴いて鳥肌が立った…。
 そんな一日でした。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »