« 最終戦 | トップページ | IDOL WINTER SONG集 »

2010年12月16日 (木)

限定ユニット

 12月19日開催の弊社主催ライブ『TOKYO LIVE VERSION 2010 WINTER』に、武田るい&西村笑花&百刈杏の1日限定ユニットが出演します。武田るいちゃんは弊社のライブに何度も出てもらっているので、当ブログの(貴重な・笑)読者の方は御存知だと思います。笑花ちゃんと杏ちゃんも東京でユニット活動をしたり、大きなオーディションでもかなり良いところまで残っている実力者です。そんな3人がなぜユニットを組むことになったのかというと、札幌の同じスクールの出身だから! なのであります。ZONEがいたランタイムは僕が通ってた高校の最寄り駅からすぐのところでしたが(今は移転)、こちらのスクールは僕が通ってた小学校の近くというか、要は校区内(学区内)みたいなところにありまして(笑)。や、もちろん僕が小学生や高校生やってた頃にはまだスクールはできてなかったんですが、札幌って狭いなぁという印象です。(実際には、市としてはかなり大きいんですがね)
 いったん話はそれますが、僕が小学生の頃はまだ地下鉄東豊線が開通してなかったんですよ。だから、札幌駅に行くのも大通に行くのも、とにかく市営バスでした。当時の運賃は大人で110円とかだったから、小人は60円だったかな? そんな市営バスも今は無いんですけどね(苦笑)。この画像、懐かしい! 

800pxsapporo_city_transportation_bu

とはいえ、当時から東区役所近辺はそれなりに栄えていて、放課後はその周辺で過ごすことが多かったです。道営2号棟の3フロアを使っておにごっこしたり(時効なんで許してください・笑)、光星緑地でサッカーしたり、東区民センターの図書館で横山三国志全60巻を読破したり、病気になったらメディカルセンター光星に行き、遠足のおやつ(300円以内)は光星ショッピングセンターで買う(笑)。あぁ、遠い日々…。
 閑話休題。限定ユニットの話でした。そんな3人が上京してそれぞれが夢に向かって頑張ってるわけですが、るいちゃんの呼びかけもあって、今回ユニットを組むことになりました。練習もしっかりやってます。僕もスタジオに何回か顔を出したんですが、パート割から振付、フォーメーションまで自分達だけでスムーズに決めているので驚きました。しかも、○○ちゃんはダンスが上手いから、ココ。△△ちゃんは高音が出るから、ココ…みたいに、ちゃんとお互いの得手不得手を理解したうえで、作ってる。さらに、それをちゃんと面と向かって相手に言えるだけの人間関係ができてるのもスゴイなぁ~と思ったんですね。これって、スクール出身のコたちに独特の雰囲気なのかな? という気もします。
 例えば、大きなオーディションに合格してできた数人で組むユニットだと、その時点ですでに各人が、自分は合格したんだ! というプライドがあると思うんですよね。だから、他のメンバーから自分の歌やダンスの批評をされることはあまり気持ち良くないと思うんですよ。先生に言われるならともかく、あんたに言われたくないよ的な(笑)。
 一方、スクール出身のコの場合、最初はみんなゼロからのスタートで、その頃からお互いを知ってるから、言いたいことをきちんと言えるのかもしれないですね。そして、SPEEDやPerfume、Negiccoや、まなみのりさが長く活動を続けられているのも、そういう人間関係のおかげなのかなぁという気もします。ある意味、Berryz工房や℃-ute、スマイレージもそうなのかもしれないですね。キッズやエッグの期間=スクール生期間と考えれば。
 そんなわけで、“限定”ユニットにするのはもったいねーじゃん的な結論にも達しそうですが(笑)、それはさておき、まずは19日に、練習の成果を観てほしいなぁと思います。最初は3曲の予定だったのですが、覚えが早かったので、4曲にしてみました。全部2000年~2009年までの間の曲です。3人もリアルタイムで好きだった曲も多く、思い入れも深そうです。さぁ、盛り上がっていきまっしょい!

|

« 最終戦 | トップページ | IDOL WINTER SONG集 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48437/50296453

この記事へのトラックバック一覧です: 限定ユニット:

« 最終戦 | トップページ | IDOL WINTER SONG集 »